「アンチロックブレーキシステム(ABS)」の解説!

自動車学校・合宿免許・車の事で分からない言葉があれば、このページで即解決!

用語集 ‐ アンチロックブレーキシステム(ABS)

アンチロックブレーキシステム(ABS)
強くブレーキをかけるとタイヤがロック(回転が止まる事)する。
前輪がロックするとハンドルはきかなくなり、後輪がロックすると車体の横滑りが始まる。
摩擦力は急激に低下するため制動距離(止まる距離)は長くなる。
このロックを防ぐ装置がABS。
タイヤの回転をセンサーで検出してモニターし、ロックを検知するとコンピュータに記憶している制御条件に応じて、ブレーキの油圧の減少・増加を毎秒数回というサイクルで繰り返し、制動力を最大に保ちつつロックを防いでいる。
  • 資料請求
  • お申し込み
ギフトカードプレゼントキャンペーン(第2弾)
キャンセル料無料キャンペーン
グループ入校キャンペーン:お友達を誘ってトクしよう!お友達を誘えば誘うほどおトク

おすすめプラン

冬・春入校をお考えの方へ

お問い合わせフォーム

資料請求
お申し込み
空き確認お問い合わせ

合宿免許のおすすめプラン

早期申込の極意を伝授
安心保険サポート
アプラスクレジットでTポイントが貯まる
シニアプラン
「教育訓練給付金制度」が利用できる教習所
ブログ教習所レンジャーが行く
企業・法人向けプランの資料請求フォーム
スマートフォンサイトはこちら

I.S.免許センター




このエントリーをはてなブックマークに追加


mixiチェック