「側方間隔」の解説!

自動車学校・合宿免許・車の事で分からない言葉があれば、このページで即解決!

用語集 ‐ 側方間隔

側方間隔
特に路上において、側方通過時に色々なモノとの間に保たなければならないもの。
電信柱や標識柱のような固定物については0.5m、可動物と対面で(相手がヒトの場合は気が付いている状態で)すれ違う場合は1m、可動物を後方から抜く場合(ヒトの場合は気が付いていない状態)は1.5mと規定されていて、この間隔が保てない場合は徐行の義務が生じる。
  • 資料請求
  • お申し込み
合宿教習で普通免許を取得されるお客様へ大切なお知らせ
グループ入校キャンペーン:お友達を誘ってトクしよう!お友達を誘えば誘うほどおトク

おすすめプラン

冬・春入校をお考えの方へ

お問い合わせフォーム

資料請求
お申し込み
空き確認お問い合わせ

合宿免許のおすすめプラン

早期申込の極意を伝授
安心保険サポート
アプラスクレジットでTポイントが貯まる
シニアプラン
「教育訓練給付金制度」が利用できる教習所
ブログ教習所レンジャーが行く
企業・法人向けプランの資料請求フォーム
スマートフォンサイトはこちら

I.S.免許センター




このエントリーをはてなブックマークに追加


mixiチェック