合宿免許の教習所ナビ

0120-55-4142

営業時間 平日・土日祝 10:00 - 18:30

合宿免許のことなら『教習所ナビ』!

関東エリアの合宿免許を探す

関東エリアってどんなところ?

首都圏やその近くにある教習所が勢ぞろい!23区内から1~2時間内で行ける所も少なくありません。また、若者人口が多いぶん合宿免許の激戦区でもあるため、楽しく快適な合宿生活を送っていただけるよう独自の取り組みを行う教習所もいくつか見られます。

茨城県の合宿免許

茨城県は山の多い北部と低地の多い南部で雰囲気が大きく異なります。東国三社の一つ・鹿島神宮や日本三大稲荷の一つ・笠間稲荷など、大規模なパワースポットがあることでも知られています。

栃木県の合宿免許

東北新幹線が通っている栃木県は、関東だけでなく東北地方からもアクセスが良いのが特徴です。リゾート地として知られる那須、武士の文化が栄えた足利など、見どころが多いのも魅力的です。

群馬県の合宿免許

上毛三山をはじめとする山岳が多い群馬県は、冬に吹く空っ風と豊富な温泉が名物です。都市や文化財が豊富な地域、美しい自然が豊かな地域など、地域によって雰囲気が異なるのが特徴的です。

埼玉県の合宿免許

東京のすぐそばにある埼玉県は、特急を使わずとも23区内から1時間内で行ける地域も少なくありません。さきたま古墳群や菓子横丁など、長い歴史・豊かな文化を感じさせるスポットが多くあります。

千葉県の合宿免許

房総半島が大部分を占める千葉県は、都市圏や漁師町、里山など地域によって雰囲気が大きく異なります。特に上総地域では、養老渓谷と東京アクアラインといった雰囲気が真逆の名所を擁しています。

東京都の合宿免許

東京都は23区とその衛星都市だけではありません。伊豆諸島などの南方の島々では、青い海と温暖な気候に育まれた豊かな自然環境が広がり、大島の裏砂漠や日の出浜など、独特の雰囲気を持つ名所もあります。

神奈川県の合宿免許

神奈川県は、東西南北のエリアでそれぞれの特色を持っているのが特徴的です。東部では横浜のベイエリア、南部では湘南海岸や鎌倉、西部では箱根の温泉街、北部では宮ヶ瀬湖などが見所です。

【普通車】関東のおすすめ教習所

【茨城県】大宮自動車教習所

大宮自動車教習所

普通車から大型二種まで幅広い車種を取り扱っています。校舎敷地内にあって設備の充実した学校寮・快適に走れる所内コース・ショッピングセンターをはじめとする便利な周辺施設など、教習環境が充実しているため、2週間以上の教習生活もしっかり乗り切れることでしょう。

普通車MT 普通車AT
税込 ¥247,500~ ¥225,500~
税抜 ¥225,000~ ¥205,000~
部屋タイプ シングルユース シングルユース

【栃木県】足利自動車教習所

足利自動車教習所

卓球・マッサージチェアといった休憩設備があるほか、1日1枚温泉チケットが支給される(送迎は要予約)ので、教習の合間にしっかりリフレッシュできます。また、がっつり食べられる学校寮の食事(バイキング)は若い男性から好評です!

普通車MT 普通車AT
税込 ¥236,500~ ¥225,500~
税抜 ¥215,000~ ¥205,000~
部屋タイプ 相部屋 相部屋

千葉マリーナ・ドライビングスクール(五井自動車教習所)

千葉マリーナ・ドライビングスクール(五井自動車教習所)

東京23区からのアクセスが良好で生活にも便利な地域にありながら、一番安い相部屋プランでも毎日温泉に入れる点が魅力的!空き時間には海釣りに出かけたり、工場の夜景を見に行ったりするのがオススメです。人気のプランですので、ご予約はお早めに。

普通車MT 普通車AT
税込 ¥247,500~ ¥231,000~
税抜 ¥225,000~ ¥210,000~
部屋タイプ 相部屋 相部屋

出発前に関東地方を予習しよう!

関東地方の気候の特徴

関東地方は平野部と北部で気候が異なります。また、気温も内陸部では冬は寒く夏は暑い特徴があります。
沿岸部、そして南部ほど年間を通して気温差が少なく、北部、そしいて内陸部ほど年間の寒暖差が大きくなります。それでは季節ごとに気候の特徴を説明していきましょう。

春を迎え過ごしやすくなるのが3月中旬から後半にかけてとなり、同時期に桜の開花も迎えます。この時期は学生の春休みが終わる時期にさしかかり、合宿免許のピークも終わりに向かいます。
2週間の普通車の合宿免許中に気温がぐっと上がる事も珍しくありませんので、柔軟に対応できる洋服を準備すると良いでしょう。4月に入ると気温が上がり始め、内陸部ではGWまでの間に夏日になる事も珍しくありません。GW前後では半袖で過ごせる日もありますが、朝夕は冷え込む日も多い為に注意が必要です。

梅雨から夏

梅雨に入ると気温と湿度が高く、ジメジメと、じっとりした日が続きます。梅雨の晴れ間では夏の様な暑さになる事も多く、しっかりとした熱中症の対策は必要です。
梅雨を終え、夏に入ると暑さが本格化します。特に埼玉県の熊谷市や群馬県の前橋市では、例年猛暑がニュースで報道される地域となり、十分な対策が必要です。一方で那須高原などの高地は比較的気温が低い避暑地として、合宿免許でも人気ですが、熱中症の対策は行うと良いでしょう。教習所ナビでも案内をしている伊豆大島では、暑さは厳しい一方海に囲まれ潮風が心地よい夏を感じる事ができます。
残暑は9月まで続きます。また、内陸部(特に山地)では突発的なゲリラ豪雨も多く、合宿免許に参加する方は通気性のよい上着を準備し、折り畳み傘も携帯しておくとよいでしょう。

10月に入り、秋になると穏やかな気候が続きます。紅葉の時期は10月ごろとなり、山間部ほど美しい景色を楽しむ事ができます。教習所ナビで案内をしている那須高原には紅葉の名所もあり、時期が合えば紅葉を楽しむ事ができるでしょう。

関東北部と南部や沿岸部で冬の気候は大きくことなります。東京都心や南部と沿岸部で雪が降る事は少ないですが、1cmでも積雪があると交通が麻痺してしまいます。しかし、北部ではうっすらと積もる位の雪が降り、山間部ではスキー場ができるほど積雪が多い地域となります。気温もエリアにより大きく異なりますので、1月~3月で合宿免許に参加する方は、事前に入校日の気候について確認をしておくと良いでしょう。

合宿での持ち物

季節により持っていくと良いグッズは異なります。
夏の時期では、厳しい暑さに備えて熱中症の対策は必ず万全にしましょう。
7月~9月での合宿免許に参加される方は、汗を拭く為のタオル(ハンカチ等)、日焼け止め、校内は冷房が効いているため薄手の羽織るものがあると便利です。教習中はアスファルトの照り返しをずっと浴びる事になるため、日焼けをしたく無い方は強めの日焼け止めを持参した方がよいでしょう。また、ゲリラ雷雨の時期になりますので、折り畳み傘も携帯しておくといざという時に便利です。
冬になると、地域によっては雪が降るため洗濯物の外干しが出来ません。宿舎によってはピンチハンガーの準備が無い所もありますので、事前に宿舎情報を確認したうえ、必要に応じて小さいピンチハンガーを持参すると重宝します。多くの宿舎では外干しではなく乾燥機を使う事になるので、洋服の持参品は注意しましょう。積雪がある地域は北関東をはじめとする山間部です。
このようなでは、スニーカーは避けて防水ブーツや長靴(歩きやすく運転に適したもの)を用意しましょう。合宿生活においては、外出の際はブーツや長靴を履いていき、教習所でスニーカーに履き替えるという手もあります。とはいえ、毎日何cmも雪が積もるわけではないので、出発前に天気予報を見ながら柔軟に対応できるようにしましょう。ちなみに、雪が降らない地域では、吹きつける風が厳しいところもありますので、防風の上着やニットの手袋・帽子がオススメです。

関東地方の合宿免許の魅力

関東の合宿免許を選ぶ方のほとんどが関東(特に都市圏)在住の方です。このような方にとって、関東の合宿免許にどんなメリットがあるか、主なものを3つ紹介します。
1.交通アクセスが良い
これが最大の理由といってもいいでしょう。東京都内から1~2時間内(特急を使う場合もあります)で行ける教習所が多くありますので、近場で合宿したい方にとってオススメになります。
2.独自の取り組みを行う教習所が多い
関東は合宿免許の激戦区です。このため、二輪・特殊車の教習が充実する体制を整えるといった車種別ニーズに対する取り組みや、入校特典を充実させたり毎日おいしい食事と温泉を楽しめたりといった合宿を楽しめる取り組みを行っているところもあります。
3.普段行く機会がないところに寄れる
「合宿免許ナビ」では、関東の都市圏とは一風異なる雰囲気にある教習所も取り扱っています。那須塩原(東京駅から新幹線で約1時間半内)ではりんどう湖や千本松牧場といった名所あふれるリゾート地が広がっていますし、相模湖(東京駅から私鉄で約1時間半内)も都市部の近くとは思えない程の美しい光景が広がっています。また、足利学校や笠間稲荷など南関東の大都市圏では日常生活で寄っていく機会の少ない関東の名所が近くにある教習所もあります。
都市圏から1時間ちょっとで普段とは異なる雰囲気の場所に行き、快適に免許取得を目指せる点が、関東の合宿免許の魅力といえます。

関東エリアの教習所

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

ご利用規約特定商取引法
個人情報保護方針会社概要
教習所ナビPC版